大好きなお手伝い

私の息子、小学1年生の息子はあるお手伝いが大好きです。

 

掃除を頼んでも、『えぇ。。。』と渋る言葉が返ってきます。

 

けれど、『カレー作って』と言うと、疲れている時でも『うん、いいよ』と快い返事です。

 

見ているこっちはかなりハラハラもんですが、料理が好きな様子。

せっかくの好きなことはさせてあげないと、彼のためにはなりませんので、時間と私の心に余裕がある時はやらせてあげます。

 

息子のカレーはひき肉を使って野菜は細かくさいの目にするカレーです。

まず、皮むきから始まり、大きい野菜は切りやすいように下準備を私がしてあげます。

丁寧に包丁を使って全ての野菜が切り終わったと思ったら、『タマネギは泣いちゃうからママやって~』と甘えた声です。

小学生になったんだから、最後まで自分でやらせなきゃと思い、手伝いながら一緒にやったらいきなりドヤ顔。

 

ちょっとイラッとしたけど、そこは我慢して続けました。

 

タマネギを一生懸命炒めてる姿は、真剣でかっこいいです。

大きくなっても作ってくれるのかと楽しみでしょうがないです